スペシャルティコーヒーの注文焙煎&ブレンド専門店:全国送料無料/定期購入で10%OFF!

0

カートは空です

【MAKEYOURBLEND】ケニア カングヌAB(生豆10g単位)

【ご注意!】:数量は生豆10g単位(焙煎後8-9g)となります。
こちらの品目はMAKE-YOUR-BLEND専用の10G単位豆となります。他の豆と組み合わせて合計200G以上でご注文をお願い致します。
ご注文頂いた後お好みの度合いで焙煎しお届けします。(注文カート内の"注文ノート”に浅煎り/中煎り/深煎りを御記載下さい)。

ランク:トップスペシャルティコーヒー

国:ケニア

標高:1750m

エリア:ニュンビ地方 ムランガ地区

品種:SL28,SL34,ルイル11

農園名:カングヌ農協

生産処理:ケニア式

生産者:チャールズ・チェゲ (マネージャー)

カッピングプロファイル:アプリコット、レッドワイン、オレンジ、スムースマウスフィール、キャラメル

 

ムランガ地区の特徴

カングヌ農協はニュンビ地方のムランガ地区の中央にあり、1970年に創設されました。農協には1648の生産者が登録されておりウエットミルは、標高1750mの高地に位置し年間平均気温は13〜26度となっています。ここでは気候条件により3〜5月と10〜12月の年2回の収穫期がされています。生産量は増加傾向にありますが基本的には前年の天候状況に左右されます。

認証プログラムにより技術向上を

ウエットミルはUTZ認証に準拠し、効率的な生産を行っています。収穫後のチェリーはカングヌ川の水源を利用したディーゼルエンジンのパルパーにかけられ、果肉除去、洗浄を行った後、乾燥テーブルに運ばれ、等級ごとに選別されます。またミルでは汚水の浄化に取り組み、一部の生産者はグットインサイド認証も受けています。

農家と二人三脚で、持続的な生産環境を

栽培に当たっては農業技師が雑草管理、剪定、灌漑、施肥などのガイドラインに沿って技術的なアドバイスを行い、高収入を得られる様に品質を向上させる支援も行っています。周辺地域は人口密度が高く野生動物はほとんど見受けられませんが樹木は地域のコミュニティによって保護されています。またこの農協は農園への投資や、賃金の先払いなどのサービスなども提供しています。